霊園を選ぶなら|自分のスタイルに合わせたお墓が作れる

変わりゆく納骨の仕方

葬儀

従来のお墓は自分の先祖のお墓は自分の先祖で掃除や管理などをしなければなりませんでした。しかし今では納骨堂といったものがあり、遠方にあるお墓から移すこともできます。お寺で掃除などをしてくれるところもあるので忙しくてなかなかお墓参りできない方でも安心です。納骨堂には自動搬送式と呼ばれるものがあり、自動で骨壷の移動ができるのでわざわざ探さなくても骨壷を見つけることができるのです。ロッカー式はその名の通りロッカーのような造りのものに位牌が置いてあり、扉の奥に骨壷が置かれています。お寺によっては棚に場合もあります。仏壇式は仏壇のように位牌や焼香具があり、お供え物を置ける場所もあるのでいつでも参拝することができます。ロッカーや棚式のものに抵抗がある方は仏壇式を選ぶといいでしょう。後を継いでお墓を守ってくれる者がいないといった人々に人気があり、費用も一般的なお墓より安くなります。納骨堂には期限がある場合もあるので注意しましょう。基本的には一年ごとに管理費をお寺に納金しますが、前金として数万円を払うことができるところも中にはあります。また苗字が違っても血のつながりがあるなら継承できるので誰でも購入することができます。一部のお寺では宗教が違う納骨できないこともありますが、基本的には仏教やキリスト教であっても同じ納骨堂に入ることができます。近年のペットブームもありペットと一緒に納骨できるところもあるのでお寺に問い合わせてみるといいでしょう。